ヨガ指導者向けスキルアップ講座『生徒への伝え方』

この講座はこの先もヨガ指導者として自分の道を歩むことを選択している方に向けたものです。

ヨガスタジオにいらっしゃる生徒たちは様々な思いを胸に抱えています。

ヨガに興味を持ったきっかけは体のことかもしれません。

日常に追われて心身ともに疲れていて、リラックスを求めていらっしゃるのかもしれません。

今までの指導の中で感じたのですが、スポーツ・フィットネスでもなくヨガを選択すると言うことは、表面的な動機の奥に変化させたい心があるからだと思ってます。

指導されている皆さんには容易にご理解いただけるかと思いますが。

  

  

では皆さんはご自身のクラスの中でヨガの本質について伝えることができているのでしょうか?

そもそもヨガの本質とはどういう事なのか理解できているのでしょうか?

  

  

今、ものすごく変化している時です。世界が変わっているし、自分の心も変わっていることに気付いているのではないでしょうか。

環境が変化してネガティブな思いを味わっている方が多いように思われます。

今、ポジティブに毎日を過ごせている方も多くいると思いますが、その状態は安定しているのでしょうか。どうなんでしょうね。

  

  

私は、ヨガは今の人生を幸せに生きる為にあると思っています。

今こそヨガの素晴らしさを実感して、しっかりと伝える必要があると思います。

  

ヨガの練習でアーサナは重要です。それは間違い無いです。

でもヘッドスタンドやハンドスタンドが出来たからといって幸せになれるのでしょうか。

違うと思います。正直、そんなことが出来なくても幸せになれると思います。

アーサナ指導がメインになるのは、ヨガの本質から外れています。

でも勘違いしないでくださいね。アーサナ練習は大切です。アーサナを指導するスキルを高める講座も開催する予定です。

   

   

この講座では、ヨガの本質を伝えるには指導者自身がどのようにヨガ的に生きるのかを学んでいただきます。

◆自分と向き合う 自分と対話する

◆自分の感覚を研ぎ澄ます

この2大テーマに基づいてお伝えします。

これが理解出来てないと、生徒に自分と向き合うこと、自分を見つめること、自分を感じることを伝えることが出来ません。

理解できてないと、皆さんがクラスで発している言葉は単なるセリフや演出で終わってしまいます。

内観できるようになり、この先の生きる目的が明確になり、自分の心が調和しているからこそ、目の前の生徒さんを導くことができるのです。

  

  

『生徒に寄り添える指導者になりましょう。』

  

  

このテーマを取り上げるには、個人的なことを伺う必要がありますので講座では個人カウンセリングを行います。

カウンセリングでは、皆さんの指導に対する思いや、どのように指導をしていきたいのかをヒアリングしてチャネリング・リーディング・ヒーリングを行います。

お申し込みいただいた方のプライバシーは守ります。講座についてSNSで紹介することはしません。安心してご受講くださいね。

  

  

【指導力UP講座】

開催日:水曜コース 6/9   6/16   6/23    

    土曜コース 6/12  6/19  6/26

  

時間: Aパターン 9:00〜13:00

    Bパターン 14:00〜18:00

  

場所:yoga studio エナルジア オンライン(ZOOMを利用します)

  

費用:65,000円 (講座時間12時間 個人カウンセリング60分)

   ・お支払いは振込でお願いします。分割払い可。

   ・スタジオにお越しいただける方はクレジットカード・各種IC決済が可能です。

  

定員:決めてませんが間違いなく少人数制

  

担当講師:三浦美織 

  

  

毎月の開催日はInstagramやLINE@、HP内カレンダーでご案内いたします。

カウンセリングはマンツーマンで行います。受講者の希望日で調整いたします。

  

  

RYT200、RYT500認定指導者へ

私はYACEP(Yoga Alliance Continuing Education Provider)ヨガアライアンス継続教育プロバイダーです。

全米ヨガアライアンス協会が、認定(登録)インストラクターを継続教育する制度として

RYT200、RYT500、E-RYT200、E-RYT500などの資格保有のヨガインストラクターは、最初の登録日から3年ごとに

下記2つの継続学習が義務付けられています。

①45時間のヨガ指導 

②30時間のヨガ関連トレーニング

全米ヨガアライアンスに登録すると、毎年更新手続きを行いますが、始めて登録してから3年間の間に①45時間のクラス指導+②30時間のヨガトレーニングを受ける必要があります。

30時間のトレーニングについては、YACEP講師のトレーニングを最低10時間ご受講いただく必要があります。 

残りの20時間は、専門講師と共に学ぶ必要はありませんが、下記項目を20時間お勉強し、ご自身でどのようなお勉強をしたかご登録ください。(英語入力となります。)

★ヨガに関連する本や記事を読んだり、ビデオを見たりする

★オンラインまたは通信講座を受講する

★ご自身のお客様に配布する教材の作成

★遠隔で指導する。(オンラインでヨガクラスなど)

今回の講座は12時間となります。

  

  

ご質問があれば、メール・電話・LINE@で。

 LINE@ QRコード

この講座が毎日の生活をより良いものにする一つのツールになるとお約束します。

#yoganidra #ヨガニードラ #ヨガ指導者養成 #ヨガニードラ指導者養成 #ヨガニードラ指導者

#ヨガ指導者